Ray Parker Jr. - GhostBusters レイ・パーカーJr.『ゴーストバスターズ』


Sponsored Link

1984年、年間ビルボード洋楽ヒットチャート9位


1984年の映画『ゴーストバスターズ』の主題歌として有名な、この曲ですが、
この曲のお陰で、レイ・パーカーJr.は数奇な運命をたどる事となります。

まず彼の紹介から・・・
レイ・パーカー・ジュニア(Ray Parker, Jr.)はアメリカ・ミシガン州デトロイト出身の
シンガーで、ギタリストも務めるマルチミュージシャンです。

チャカ・カーンやスティーヴィー・ワンダーのセッションにも参加してキャリアを磨き、
1977年にバンドを結成、『レイ・パーカーJr.&レイディオ』で活動する事となります。

その後レイディオは解散し、レイ・パーカーJr.はソロで活動する事になりました。

1983年、映画『ゴーストバスターズ』のプロデューサーが「ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース」の
ヒット曲「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」を、是非映画の主題歌として使わせて
欲しいと依頼しましたが、ヒューイに断られてしまった為、レイ・パーカーJr.に
「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」のイメージで曲を作って欲しいと依頼・・・

これが、そもそもの間違いで・・・結局、ヒューイ・ルイスに、この曲は自分達の
曲に良く似ている!と裁判沙汰にされ、そりゃそうじゃん!?あの曲のイメージで、
曲を作ってくれって依頼されたんだから・・・と暴露してしまったので、見事敗訴・・・
この時レイ・パーカーJr.が、映画会社も巻き込んじゃったから、この一件は、
他言無用と言う事で・・・と、口外しない事をヒューイ・ルイスにお願いしたそうです。

時は経って2001年、人気音楽番組「Behind The Music」にて、ヒューイ・ルイスが、
ポロッと当時の事の成り行きを話してしまったもんだから、今度はレイ・パーカーJr.が
大激怒!今度は、レイ・パーカーJr.がヒューイ・ルイスを告訴する事態になりました。
結果は報じられてませんが、おそらく今度は、ヒューイ・ルイスが敗訴したんでしょうね。

この『ゴーストバスターズ』盗作疑惑は、もうひとつあり、『M』(ロビン・スコット)のヒット曲
「Pop Muzik」にもソックリだった為、こちらからも訴えられています。
当然、こちらもレイ・パーカーJr.が敗訴・・・
私が思うに、「Pop Muzik」の曲をベースに、「I Want A New Drug」のテイストを付けた
感じですから、こちらの方が、ヒューイの曲より超似ています。
きっと、まだか?まだか?と短期間で制作の依頼だったもんだから、レイ・パーカーJr.も、
悪いとは思いながらも、背に腹は代えられなかったのでしょうね・・・

是非そのうち、その激似をご紹介しましょう・・・




Amazonアーティストストアに移動するとMP3をダウンロード出来ます。





タグ:1984年
posted by 小林カヅヤ | TrackBack(0) | Ray Parker Jr.(レイ・パーカーJr.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
Sponsored Link

ご感想やリクエストをお寄せください。